四国八十八カ所お遍路ツーリング「涅槃の道場」編レポート その4

さて、足掛け2年にわたるお遍路の旅も無事に「結願」を迎え、旅も今日からは完全ツーリングモードに。

真夏の酷暑の中での遍路行での疲れからか、昨晩は早々に就寝したので、この日は夜明け前の午前4時に起床(笑
今回の宿は素泊まりプランだったので、シャワーを浴びてそそくさと準備し、午前5時のちょうど夜明け頃にチェックアウト。

さあ、ここから国道193号を徳島方面に一路南下します。
目指すは国道439号、そう、あの通称「酷道与作」なのだ!

今回の旅の目標はお遍路の「結願」と、もう一つは与作の未走破区間の走破。

我が輩の与作の走行遍歴を説明すると、最初は遡ること約25年ばかり前の学生時代、高校の同級生達との中国・四国ツーリングの時。

この時は、高知県の津野から土佐大正までの区間を走行したのだ。
当時、四国への陸路?ルートは開通したばかりの瀬戸大橋を渡るしかなく、我が輩達は広島から松山までフェリーに乗り四国に初上陸したのだ。

確か、道後温泉、四国カルストを巡り、四万十川、宇和島と回って三崎から九州に帰るルートだったかと。
金も無いもんだから、宿泊はほぼ野宿で、宇和島では駅員さんにお願いして終電発車後の待合室でベンチに寝かせてもらったのだ。

夜遅くに着いたもんで、晩飯を食う所は駅近くにあった、飲み客相手らしきうどん屋さんしかなく、そこの親父さんがバイク好きの粋な人でして、若い旅人の我が輩達に、かけうどんの料金で色々と御馳走してくれたのが最大の思い出(笑

あの親父さん元気かね~若いっていいよな~(しみじみ…

その後、与作を走ったのは、お遍路行での津野~仁淀川~大峠~いの町小川の間と、徳島県神山町~徳島市の起点までの区間である。

まあ、はっきり言って与作も現在では、大部分の区間で道路は大きく改良され広くなり、難所はトンネルでドカンドカンと貫かれており、地元では○○高速とか呼ばれている区間も多いのが現状。

しかし、今回走行予定の区間のうち、焼山寺近くの神山町から高知県大豊町の約100キロの区間は、与作本来の「酷道」を味わえるルートらしいので、楽しみなところ。

早朝の酷道193号を徳島県境の峠越えを快走し、四国の大河「吉野川」中流域の美馬の街に到着。
ここからさらに神山までの峠越えに備えてガソリンを給油しコンビニで朝食。
c0133458_20045763.jpg

ここから、大豊の街までは約150キロあるが、確実に営業していると保証できるガソリンスタンドは無いと思った方がよく、コンビニは間違いなく皆無、まともな食べ物を買える商店もあるかどうか分からないので、買い出しもしっかりしておくのだ。

東方向の空を見ると濃い雨雲が…雨雲レーダーでも徳島市内方面は雨模様。
これからのルート上に雨が降らないことを祈ります(^_^;)
c0133458_20062846.jpg

美馬の街から標高800メートルの「経の坂峠」を越え、午前7時半ころに国道439号との合流点に到着~

ちなみに、徳島から剣山までの区間は国道438号と439号との供用区間であり、道路案内板(通称おにぎり)や地図上では国道438号と案内されている。
c0133458_20082344.jpg
ここからは、高松から走ってきた国道193号に別れを告げ、国道与作に突入し、まずは最初の峠である「川井峠」に向かうのである。

はい、すでにもう道が狭いですよ~(笑

ここから峠までは約10キロ、約20分ほどで標高800メートルの「川井峠」に到着、峠はトンネルで越えます。
標高も高いし、朝も早いので真夏でもメッシュジャケットでは肌寒いくらいです。

四国らしい折り重なる山深い景色も良いですね。
c0133458_20285602.jpg
c0133458_20293987.jpg

さあ、ここから次の峠越え「見ノ越」まではちょうど30キロ。
「見ノ越」を越えたすぐ先が、あの「剣山」の登山口です。

川井峠から下ると、麓には木屋平の集落が。
旧木屋平村の中心地ですが、周辺は山々に囲まれた絶海の孤島ならぬ絶陸?の孤島のような、最寄りの市街地まで数10キロはあろうかという集落である。
c0133458_02272078.jpg

ここで、しばし一服した後は、標高約1410メートルの「見ノ越」の峠越えにアタックするのである。

ここからは、もう完全に人家や車の通行等も無し。
マシントラブルでも起きようものなら、命に関わる…(^_^;)
c0133458_02282767.jpg
c0133458_02341077.jpg

いままで四国には何回も来たが、これまでで一番山深く、たっぷりと与作感が味わえるルート。
谷の向かうに見える、急峻な山肌にへばり付くように沿う山道は、いかにも冒険心をくすぐる景色である。
c0133458_02294108.jpg
c0133458_02302072.jpg

この日は、晴れてはいるのだが大気が不安定で、雲も低く流れも早いせいか、余計に視覚的なダイナミック感が増幅されます。
c0133458_02312062.jpg

えっちらおっちらと「見ノ越」に向かって登っていくと、ここで初めて国道439号の道路表示板(おにぎり)を発見!
思わず記念撮影するのであった~(^^)/
c0133458_02320813.jpg

川井峠からのんびりと約1時間走り、「見ノ越」の峠を抜ける「見の越隧道」に到着~(^^)/
標高1410メートルもあるこの峠は、国道439号線上で最高所なのである。
c0133458_02475485.jpg

さあ、トンネルを越えると、この日最初の目的地「剣山」の登山口である。


つづく
c0133458_03140884.png

[PR]
トラックバックURL : https://gotu.exblog.jp/tb/28275573
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
名前
URL
削除用パスワード
by gotutrk | 2017-11-22 02:48 | 四国八十八カ所お遍路ツーリング | Trackback | Comments(0)

「ごつ」の単車生活


by ごつ