四国八十八カ所お遍路ツーリング「菩提の道場2017春」編レポート その2

さて、この日最後の53番札所「円明寺」から、今夜の宿泊地である今治市までは約40キロの距離。

三男坊と二人、夕暮れの瀬戸内海を望む海沿いの国道193号をまったりと走り、今夜の宿である今治市サイクリングターミナル「サンライズ糸山」にチェックイン~
c0133458_23080859.jpg

ここは「しまなみ海道」の来島大橋を間近に望む場所に立地しており、徒歩と自転車、原付バイクのみが走ることができる「しまなみ海道」を訪れる人にとっては聖地のような場所であり一大拠点なのです。

ここまで車で来て、レンタサイクルで「しまなみ海道」を楽しむ人も多いそうです(電動自転車もあります)
ガイド付きのツアーもあるみたいで、ほんと活気がある施設です。

サイクリングターミナルといえば、いまいち寂れた質素なイメージを持っていましたが、ここは立地も良くて利用者も多く、施設も展望大浴場、しゃれたレストラン等もあり、まるでホテルみたい。

宿泊代も職場の福利厚生を利用すると、二人合わせて一泊1500円ほどになりました。

部屋からの眺めも瀬戸内海と来島大橋を目の前に望む、景色の良い綺麗なお部屋でして、自転車は室内に持ち込みがOKなのです。
ちなみに、原付はダメですよ…(笑
c0133458_23095893.jpg

展望大浴場で汗を流し、夕食は、館内の「風のレストラン」で、来島大橋の夜景を眺めながら、地産の食材をふんだんに使った美味しい鉄鍋料理をいただきます(食事代も安い!
子供と二人で過ごすこんな時間に、幸せを感じるひとときなのである(笑
c0133458_23104755.jpg

いつもは独りで寂しい夜を過ごしていたのであるが、今夜は子供と部屋でまったりと楽しく過ごし朝を迎える。
朝食も美味しかった~(^^)
c0133458_23115575.jpg

さあ、本日のお遍路は無し。
ここでトランポに積んできた原付を降ろし「しまなみ海道」ツーリングに行くのである!
c0133458_23124766.jpg

一度、この道を走ってみたかったのだ。

宿のすぐ近くにある「しまなみ海道」にアクセスする、まるでジャンクションのような、見た目にも迫力があり眺めも良い専用道に入り、いよいよツーリング開始。
c0133458_23134167.jpg

「しまなみ海道」は「西瀬戸自動車道」という高速道路の橋であるが、そのすぐ横に沿うように専用道が併走しているのである。
道幅は2メートルほどでして、歩行者・自転車用道路と原付用道路にきちんと区分されている。
c0133458_23183535.jpg

通行料は、高速道路のほうはかなり割高で、全線走破すると数千円かかるが、原付は橋ごとにそれぞれ50円~200円の料金を支払うシステムでして、対岸の広島県尾道市まで6つの橋を渡っても計600円。
我が輩は、ちょいとだけお得な回数券を高速道路の料金所にて購入。
c0133458_23164105.jpg

ちなみに、歩行者・自転車の方は無料ですよ!

原付道のほうは、料金所といっても橋の入り口に無人の賽銭箱のような料金箱が設置されているだけであり、一体どれだけの人がキチンと払っているのか疑問なところではある(笑
c0133458_23191310.jpg

さあ、ここから対岸の尾道までは約70キロの道のり。
まずは「来島海峡大橋」に突入~

この橋は「しまなみ海道」でも一番長大な橋であり、長さも約4キロ超もあり、かなりの迫力。
真横を走る高速道路とは高さ1メートルもない欄干で仕切られているだけで、しかも原付道とは対面通行のようにすれ違う形になるので、相対速度も相当あり、これまた凄い迫力(笑
c0133458_23153342.jpg

平日のデイタイムで通行量もほとんど無いことから、三男坊と二人でバイクを停めては景色を眺めたり、写真を撮ったりと楽しく過ごします(^^)
c0133458_23310749.jpg

道は橋を渡るごとに、渡った先の島の一般道に降りることになるので、島内の街並みも楽しみながら走ることができ、しかも、路面にはきちんとガイドラインや案内標識がきめ細かく設置されており、原付でナビも無い我が輩でも迷うことはありません。
c0133458_23215119.jpg

いや~、こんな道は他には無いでしょ~
次の橋はどんな橋だろうとワクワクしながら、伯方・大島大橋~大三島大橋~多々羅大橋~生口橋~因島大橋と渡り「しまなみ海道」を堪能します。
c0133458_23211823.jpg

そんなこんなで、尾道の対岸の向島まで渡り、ここから渡船で尾道の街に渡る事にする。
c0133458_23283701.jpg

なんでも「日本一短い航路」らしく、確かに対岸の船着き場はすぐ目の前である。
渡し賃も、大人&子供&原付で、合わせて確か300円位だったかと(安っ
c0133458_23250084.jpg

尾道も初めて訪れる街、ここでの目的はやはり「尾道ラーメン」でしょ~
c0133458_23294833.jpg

船着き場近くの「牛ちゃん」というお店に入りましたが、正午前にも関わらずお客さんも多い。
本来は焼き肉屋さんらしいが、ラーメンも評判でして、大変美味しくいただきました!
c0133458_23253219.jpg

ここからは、再び「しまなみ海道」を折り返し、次の目的地である大三島の島内にある「大山祇神社」に向かいます。

この神社は、日本総鎮守とも云われ、古くから海の守り神として信仰を集め、時代を遡れば源平、村上水軍の時代から、近代では海軍関係者も参拝に訪れ、刀や武具を奉納したそうでして、それらを一同に集めて展示しているのが、神社の横にある「宝物館」ですが、国宝が多数展示されており、こんなにも国宝が一カ所に存在する場所も、大変珍しいのではないかと思います。
c0133458_23330537.jpg

特に源義経、頼朝が奉納した武具・刀剣は一見の価値あり!
まだ、ちびっ子の三男坊も、これには「すご~い」と見入ってました(笑

館内は撮影禁止なので、残念ながら写真はなし…m(_ _)m

じっくりと宝物館を見学し、外にでると雨がしとしとと降っています。
この日は急ぐ旅でもないので、境内の屋根があるところでまったりと雨宿り…
c0133458_23341937.jpg

小降りになったところで出発し、今夜もお世話になる「サンライズ糸山」に投宿したのである。
春先の雨で冷えた身体を、平日で誰もいない大浴場で二人で暖まり、レストランでちょっとだけ贅沢な夕食を楽しみ、明日に備えるのであった。
c0133458_00310182.jpg

後で分かったのですが「ON&OFF」の野村マスターも、この日ご友人と自転車で「しまなみ海道」をツーリングされてたそうです!
会いたかったな~(笑

息子よ、明日は、がっつりお遍路ですよ(笑


つづく


[PR]
トラックバックURL : https://gotu.exblog.jp/tb/28165528
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
Commented by at 2017-11-03 22:30 x
親子ツーリングといい風景,ラーメン,宝物・・・素晴らしい!!
こんなに写真ばかり撮っていたら先に進まなかったのでは(笑)

しまなみ海道自転車で是非走ってみたいです。

Commented by gotutrk at 2017-11-04 21:05
管理人ごつ
>桐さん ありがとうございます!「しまなみ海道」はアップダウンがほとんど無いので、距離は長いですが自転車で走るのが一番かと(^^)
見所も沢山ありすぎて、我が輩も回りこなせませんでした~伯方の塩も行きたかったです(笑
名前
URL
削除用パスワード
by gotutrk | 2017-11-01 20:52 | 四国八十八カ所お遍路ツーリング | Trackback | Comments(2)

「ごつ」の単車生活


by ごつ