四国八十八カ所お遍路ツーリング「修行の道場」編レポート その2

さて旅も2日目、お遍路としては初日になり「修行の道場」に突入します。

「修行の道場」最初の札所は、第24番「最御崎寺」、室戸岬にありまして、高知市内から80キロ以上もあります。
と言うわけで、午前5時にホテルを出発し、一路室戸方面へ南下開始~

早朝の国道55号を快走しますが、この季節のツーリングはちょっと寒いくらいで気持ちが良いですね。

前回、お遍路を終了した第23番「薬王寺」から24番までは約70キロと、遍路道中でも有数の長距離移動区間の難所でもあり、これまた有数の絶景シーサイド区間でもある。
c0133458_00100293.jpg
ここを通らない手はないことから、奈半利で国道493号の入り反対側の東洋町を目指し、室戸岬を目指すことに。
よって高知市内からの移動は約120キロになります。

東洋町の海沿いに出て、遍路道に入ったところで白衣を羽織り「お遍路さん」に変身~
以前は、これを着てバイクに乗るのは気恥ずかしかったが、むしろ、お遍路文化が浸透している四国では、後続車が車間を開けてくれるは、真っ白で視認性も良好なことから事故防止にもなるので、積極的に着用することにする。

c0133458_02083379.jpg

第二十四番札所「最御崎寺」

室戸岬突端の高台にあり、太平洋を望む霊場の中でも有数の立地の札所。
御大師様(弘法大師)が修行をしたと伝えられる「御厨人窟」が近くにある(素通りしてしまった…
c0133458_10422458.jpg
c0133458_00112910.jpg

なお、今回は「へんろみち保存協力会」が発行している、歩き遍路にとってはバイブル的な地図本である「四国遍路ひとり歩き同行二人」(2915円)を購入したので、なるべく古来の遍路道に沿って移動することにしている。
c0133458_13590411.jpg


第二十五番札所「津照寺」


こじんまりとした、ひなびた港町の高台にあり、町の人に親しまれた庶民的なお寺さんといった感じ。
c0133458_13151484.jpg
c0133458_00250833.jpg


第二十六番札所「金剛頂寺」

よく覚えてない…印象が薄かったのか…m(_ _)m

c0133458_10430000.jpg
c0133458_00325024.jpg

このあたりから、遍路道も国道から逸れ、車では到底通行困難なルートが多くなるが、原付にとっては非常に心地よいルートになる。
c0133458_00400200.jpg

「道しるべ」を頼りに、原付でもやっと行けるような遍路道を遅々と進みます。

c0133458_10472958.jpg
c0133458_10435837.jpg

第二十七番札所「神峯寺」

結構な坂道を登っていくとたどり着く山の中の札所、駐車場からも結構な階段でありちょいと疲れた…
でも雰囲気はとても良く、綺麗なお寺。
c0133458_00411216.jpg

第二十八番札所「大日寺」


この辺りになると、高知市内に近い高知平野に入り、街中のお寺さんといった雰囲気になり、参拝者も多くなる。
c0133458_00562935.jpg

第二十九番札所「国分寺」


我が輩が生まれてから9歳まで育ったのが東京の国分寺という街のせいか、何となく親しみが湧いたお寺。
ここもよく覚えてないんですよね~、いかんな、そんなことでは…(^_^;)
午前中にゆっくりしすぎ、納経の時間が押していたせいで、そうとう駆け足で回ったせいかと…

c0133458_01061383.jpg

第三十番札所「善楽寺」

午後5時前のギリギリに到着し、この日最後に巡拝した札所。
すぐ横というか敷地内には土佐国一之宮である「土佐神社」が鎮座しており、不思議に思ったことからお寺の方にお尋ねしたところ、明治維新後の廃仏毀釈(神仏分離)の影響でこのような形態になったそうで、以後、紆余曲折あり、平成6年に正式に札所として復活したそうです。
後で分かったことですが、この様なお寺は霊場中にいくつかありました。
c0133458_01182569.jpg
さて、この日は24番から30番までの7カ所を巡拝し、お遍路を終了~
移動距離が長かったせいで、あまり数はこなせませんでしたが、東洋町~室戸~安芸~高知の絶景シーサイド区間を充分に堪能し、前夜もお世話になったホテルに帰投しました。

さて、今夜の晩飯&酒は、以前「男の旅」で皆と行って気に入った、高知市内の繁華街、高知城にも程近い所に位置する「ひろめ市場」に行くことに。

呑む気満々なので、ホテルから歩いて行くが、徒歩15分位で到着~
居酒屋にでも行こうかとも思いましたが、なにせお独り様なので、独りでも気にならない「ひろめ市場」にしたのです(笑

平日なので客も少ないかと思いきや、なかなかの人出じゃないですか。
観光客と地元の人が半々といった感じ。

c0133458_01443576.jpg


相変わらずカオスな雰囲気の場所ですが、今回も無難に有名どころで「明神丸」で「カツオの藁焼き」その他諸々を注文し、空いた席で独りで乾杯~

c0133458_01462464.jpg
ここの良いところは、お独り様でも誰か話し掛けてくるので、結局は元市議会議員とかいう常連の爺様と、地元のカップルと、おごりおごられつつの楽しい宴席となり、最後はベロンベロンになった爺様をタクシー乗り場まで送り届け、ホテルに帰ったのであった(笑
c0133458_01474475.jpg
c0133458_16233925.png



[PR]
トラックバックURL : http://gotu.exblog.jp/tb/28023842
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
Commented by at 2017-10-18 12:40 x
スクーターならではのコースですね。
それにしても鰹美味そう。
これは行かねばならぬなあ(笑)。
Commented by gotutrk at 2017-10-19 18:21
>桐さん
最近はスクーターツーリングの魅力にはまっております(笑)
また、ぷち怒濤の皆でまった~りとツーリングに行きたいですね!
名前
URL
削除用パスワード
by gotutrk | 2017-10-16 22:54 | 四国八十八カ所お遍路ツーリング | Trackback | Comments(2)

「ごつ」の単車生活


by ごつ